すべてが佐々木希なわけない。「秋田美人」と呼ばないで… 女性たちのプレッシャー

先日、アンジャッシュ渡部建さんとの結婚を
報告した佐々木希さん。

佐々木さんは「美人の国」秋田県出身だ。


しかし、当の秋田県人は「秋田美人」

という呼ばれ方にプレッシャーを感じているよう。


美容クリニック

「あやべビューティークリニック福岡」は3月31日、

「日本三大美人」に関する意識・実態調査を実施、

結果を公表した。

同調査は「日本三大美人」と言われる

秋田県・京都府・福岡県在住の20〜40代

女性300名を対象に、

インターネット調査にて実施されたもの

(調査期間は3月1日〜2日)。



調査結果によれば、

「地元が三大美人の地域とされるのに

プレッシャーを感じる」と答えたのは、

秋田県の37%が最も多く、

福岡の18%、京都の12%を大幅に上回った。



事前調査で全国1,647名に

「“日本三大美人“と聞いて思い浮かべる都道府県」

を聞いたところ、

秋田県・京都府・福岡県がトップ3となっていた。



秋田県出身の女性芸能人はほかに、

グラビアアイドルの壇蜜さん、

乃木坂46・生駒里奈さん、

加藤夏希さんなどがいる。

秋田県自らも「美の国」を謳っている。

実際、プレッシャーは感じるのか?

取材に秋田県出身の女性が答える。


「申し訳ない気持ちになり…」
沙季さん(27)は高校を卒業後、地元企業に就職。

転勤で現在は札幌に暮らしている。

「これ(調査結果)めっちゃわかります!

札幌の人たちの前で地元が

秋田というと二言目には90%以上の確率で

『秋田美人だ!』って言われます」

「以前、個人相手の営業していたから

余計にそういうタイミングが多くて、

その度になんか申し訳ない気持ちになり…」

沙季さんは、反応するのも面倒になってきたので

「いやいやそんな、あたしなんて全然ですよー!

もちろん個人差ありますから」

とテンプレートで返すようにした。


posted by 芸能人や at 10:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宝塚音楽学校入学式 修造娘・恵さんを待つ“鉄の掟”紫吹淳が明かす

タカラジェンヌを育てる兵庫県宝塚市の
宝塚音楽学校(小林公一校長)で18日、
第105期生40人の入学式が開かれた。

元プロテニス選手でタレントの松岡修造(49)の
長女・恵さん(17)も26・1倍の難関を突破し入学。


これから送る学校生活は厳しい規律で知られ、
元男役トップスターで女優の紫吹淳(48)が
“鉄の掟(おきて)”を明かした。


入学式では制服姿の新入生が1人ずつ名前を呼ばれ、
恵さんは元気に「はい」と返事し起立して一礼。

上級生から校章のバッジを着けてもらうと、
目に涙を浮かべ、上級生に拭われていた。

恵さんの入学は関心度が高く、
同校によると「例年の約3倍」の報道陣が詰めかけた。


 今後、宝塚歌劇のスターを目指し、
予科と本科の2年間にわたり、
声楽やダンスなどの練習に励む。

恵さんは宝塚歌劇団創始者の故小林一三氏を高祖父に持ち、
一族も宝塚出身が多いが、
一三氏は生前、劇団の機関誌で
「密接の親類関係からその家庭を
斟酌(しんしゃく)して入学せしむることは、
(中略)試験は厳重に審査している」と縁故入学を否定。

さらに待ち受ける学校生活は、
本人の実力ややる気がなければ乗り越えられないほど規律が厳しい。


 84年に入学し、86〜04年まで
宝塚歌劇団で活躍した紫吹は、
福岡・博多座で舞台「細雪」(28日まで)の公演の合間に
スポニチ本紙の取材に応じ“鉄の掟”を明かした。

大前提にあるのは、予科生にとって
「本科の上級生は“絶対”の存在」ということ。

校内で廊下を歩く際は
「壁沿いを1列で速足で歩き、私語や笑顔は厳禁。
外を歩く時も2列縦隊です」と説明。

掃除は毎朝約1時間半、教室や玄関、
トイレなど持ち場をちり一つ残さないよう磨き
「制服のスカートの内側に粘着テープをちぎって
何枚も貼り付け、ほこりに気がついたらすぐに
掃除ができるようにしていました」と振り返った。


 寮生活でも、上級生に迷惑をかけないよう
「目覚ましが鳴ったらすぐに止める」という。

私服の色も当時は黒、紺、グレーだけ。

阪急電車を見かけたらお辞儀するルールもあり
「上級生や劇団関係者が乗っているかもしれないので、
顔が見えなくても頭を下げます」と解説した。


 厳しい学校生活を経て
「培われた行儀作法や品格が今も役立っている」と話す。

恵さんについては「端正な顔で、
私が入学した時よりもしっかりと形が出来上がっている。
将来性があると思います」と期待を寄せた。

posted by 芸能人や at 10:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小池栄子 演じるママの“手紙”に衝撃走る「心がエグられた」「怖い」…視聴者の見解も話題

女優の沢尻エリカが主演をつとめる
日本テレビ系水曜ドラマ「母になる」(毎週水曜よる10時〜)
の第2話が19日、放送された。

小池栄子演じる“ママ”の手紙の内容に、
視聴者から反響が寄せられている。

今作は、誘拐事件に直面した家族を通し
「母になる」までを描いたオリジナルストーリー。

沢尻は息子が3歳の時に誘拐され以来、
夫と別れて1人で生きてきた柏崎結衣を演じ、
元夫・柏崎陽一を藤木直人、
9年間の月日を経て13歳に成長した
息子・柏崎広を関西ジャニーズJr.の道枝駿佑が演じる。

そして小池栄子が演じるのは、
広がアパートの隣の部屋でひとり泣いていたところを
発見したOL・門倉麻子。
広を養護施設に預けるまでの7年間、
2人は親子のように過ごしていた。

第2話では、広が麻子から渡された手紙の内容が明らかとなった。

◆小池栄子の“手紙”に反響 声だけで放つ存在感

その文面には
「ママはママじゃなくなる時が来ます。
あなたの前に、いつか新しいお母さん
と名乗る日が来ると思うの」

「『お母さん、会いたかった』って、
涙ぐんだりするのもいいかもしれない」

「相手はいきなり抱きしめたりしてくるかもしれない。
嫌がらずにじっとしてること」など、
広の心を誘導する内容が記されていた。


広が心から再会を喜んでいると思っていた結衣は、
その手紙を読みながら涙する。

自身が知る由もない「ママ」と呼ぶ広の幼少期を、
「ママ」「お母さん」とはっきり区別することで、
結衣は広と別々に暮らしていた
空白の月日をまざまざと感じさせられたのだ。

しかし、「知らないおばさんでもいい」としながら、
広とこれからともに生きていくことを決意する結衣。

広は何が好きで、どんなものに興味があるのか、
どうやって大きくなったのか…そんなことを
何一つ知らない結衣だが
「たったひとつだけ大事なこと知ってる。
あの子の誕生日、私は知ってる。
私が産んだから。あの子を産んだのは私だから」と強調。

麻子は誕生日を知らないこと、
そして手紙の文面の「広」の字が
「コウ」と記されていたことも、
生みの親と育ての親の違いを表していた。

◆「手紙が怖い」…視聴者のある見解も

麻子の手紙について、
視聴者からは「怖いよ…手紙の内容が怖すぎるよ…」
「小池栄子、手紙を読み上げる声だけでものすごい存在感。心がエグられた」
「子どもを望んで手放したわけじゃないのに、
生みの親としてこれはつらい」など反響が殺到。

さらに、「ということは広の本心じゃなかったってこと?
だから道枝くんはあんな喋り方だったんだ」

「演技の中で演技をしていたみっちーすごすぎ」
と広を演じる道枝の“心ここにあらず”な演技の真相、
そして「手紙の内容は確かに怖いけど、
1麻子さんは広が育児放棄で捨てられたと思って育てていたなら話は変わってくる」「でも広を発見した時点で警察に行かないのはおかしい。本当の母親が現れることがわかっていたからこその手紙なのでは」と麻子の行動における様々な見解も話題を呼んでいた。

26日放送の第3話では、広が結衣から誕生日プレゼントでもらった携帯電話でこっそり麻子に連絡を取り、柏崎家で暮らすことになったと報告する広に麻子は「逢いに行く」と告げる。ますます展開から目が離せなくなりそうだ。
posted by 芸能人や at 10:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。