亀梨和也、『ボク、運命の人です。』初回12.0%も「メイク濃すぎ」「あんな営業マンいない」の声

4月15日、KAT‐TUN・亀梨和也主演の

連続ドラマ『ボク、運命の人です。』の第1話が放送された。

平均視聴率12.0%を獲得し、好スタートを切ったが、

「亀梨のアイメイク濃すぎる……」

「メイクが気になってしまう」といったツッコミの声が上がっている。




同ドラマは、ウォーターサーバー会社に勤める

営業マン・正木誠(亀梨)の前に、

自らを“神”と名乗る謎の男(山下智久)が現れ、

同じフロアに入居する会社のOL・湖月晴子(木村文乃)を

“誠の運命の女性”であると告げるラブコメディ。

第1話では、誠が晴子に勇気を出して

「ボク、運命の人です……」と話しかけるが

気味悪がられてしまうといった内容が放送された。

「亀梨と山下が『野ブタ。をプロデュース』以来

12年ぶりに共演ということで注目を集めていた同ドラマには、

『テンポのいいラブコメで面白かった』

『これからも期待!』といった好評の声が多数上がっています。

また、脚本が『プロポーズ大作戦』や『きょうは会社休みます。』

『世界一難しい恋』を手がけた

金子茂樹氏ということもあり、

『「プロポーズ大作戦」に似てる。

金子ドラマにハズレなし!』

『面白い脚本が土台にあって、

キャストが生き生きと演技していてよかった』

といった感想がネット上を飛び交いました」(芸能ライター)

 しかし、視聴者の中には、

亀梨の“ある点”に違和感を覚える人が多かったようだ。

「視聴者からは亀梨のメイクが大不評で、

『メイクが濃すぎて、ドラマに集中できない』

『どうしてアイラインをがっつり引いているの? 

あんな営業マンいないよ』といった声が上がっています。

亀梨は以前から、『メイクが濃い』と話題になりますが、

ヒロインの木村がナチュラルメイクだけに、

より亀梨のメイクが目立ってしまったのかもしれません」(同)

 エンディングでは、亀梨と山下、木村が“ボク運ダンス”を

披露して話題となっている

『ボク、運命の人です。』。このまま好調をキープできるかどうか注目していきたい。

posted by 芸能人や at 10:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。